いのうえのぶこと墨絵と歌舞伎の世界

歌舞伎とのぶりん

2000年にわが母校、女子美術大学の創立100周年祭に、阪神支部の1人として 全国の同窓会を巻き込んだ大規模のイベントに参加。みんなで一つのことを創り上げる楽しさ、 学生時代に戻った楽しいひとときを過ごし2年がかりのイベントが終了した時に 自分のやりたい事がみえてきた。

「みんなで創り上げる」「日本の文化を継承していく」

神戸で劇団21のコッペリア上演に参加し、ますます皆で創り上げる楽しさを覚えた。
ちょうとその頃、神戸市北区が募集している「歌舞伎講座」に目がとまる。 (20歳の時、東京の歌舞伎座で鑑賞してからの永遠のテーマであった歌舞伎である) 参加してみる。

鑑賞するための講義だと思ったら、なんと体験する講座である。台本を読み、大道具、 小道具、衣装を創りながらいるのまにか舞台に立っていた。
終了してみれば「みんなで創り上げる」「日本の文化を継承していく」そのままである。 師匠から教わったものを次の世代に伝えていく……歌舞伎にはまった訳である。

神戸すずらん歌舞伎練習日
毎週水曜 19:00〜20:30