村田治子

野の香り 色にあり 風にあり
142×69cm
新古今和歌集 四季(全て34.7×33.7cm)

さむしろの夜半のころも
てさえゝゝて
初雪しろしおかのへの松

桐の葉もふみわけかたく
なりにけり
かならす人をまつとなけれと

まとちかき竹の葉すさふ
かせの音に
いとゝ美しかきうたゝねの夢

山ふかみはるともしらぬ
松のとに
たへゝゝかゝる雪の玉水
あめつちにわれひとりゐてたつことき
このさひしさをきみはほゝゑむ
會津八一
39.2×56cm
花の色は移りにけりないたつらに
わか身世にふるなかめせしまに
小野小町
16×35cm
沼かれて狼渡る
月夜哉
鬼城
70×70cm
【略歴】昭和12(1937)年10月 和歌山市に生まれる
漢字・かなを天石東村に師事 平安かな臨書を上田桑鳩に師事 現代書を町春草に師事

村田治子 作品集

発刊/2012年5月
画集詳細はコチラ