ギャラリー美游館

HOME展覧会情報フレーム・表装カルトナージュNEWトピックスアクセス・お問合せ
フレーム
作品を直接お持ち込み下さい。海外からの輸入フレームを中心としたオーダーフレーム・国内外製の既製フレームでセンスよく額装させて頂きます。
お気に入りの布を使いたい・・・自分らしい個性的なフレームに仕上げたい・・・ご希望に合わせてご提案いたします。
表装や古い作品の修復も承ります。
お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。
ご遠方で直接作品をお持ち込みいただけない場合はお電話やメールなどでもご相談お受けいたします。
これまでの額装例

file:001

フリー刺繍。マット部分にお持ち込みの布地を使用。

file:002

刺繍の額装。黒っぽいシルバー額を選定。

file:003

フリー刺繍の小品。アクリルと作品に空間を持たせて。

file:004

クジャクの刺繍。マットの部分にウイリアム・モリスの柳の柄の布地をあしらい、森の中のクジャクをイメージ。

file:005

フリー刺繍。

file:006

刺繍の額装。シルバー色のシンプルな額でマットは細めに

file:007

カットワークのある刺繍なので濃い色のマットに貼り込んで額装。

file:008

刺繍

file:009

刺繍。ビーズやチャームで飾って。

file:010

刺繍

file:011

ペン画。油絵の額を利用して重厚感を演出。

file:012

日本画。深みのあるモールディングを布マットで浮き出しスタイルに。

file:013

日本画。file:012と連作。

file:014

ポーセリン。スウェードマットで高級感をもたせて。

file:015

書。幾重にも重ねた紙が立体的

file:016

ポーセリン。和のイメージの図をモダンに。

file:017

ポーセリン。クラシックな装いのフレームにスウェードマットの組み合わせ。

file:018

木彫作品。

file:019

油絵

file:020

ミロのリトグリフ。職人仕事のフレーム。

file:021

お客様が子供の頃から大切に持っておられたレコード。

file:022

油絵。シルバーの凹凸のあるフレームで浮出しスタイルに。

file:023

金属工芸作品。モノトーンでまとめて。

file:024

お孫さんの写真。細めの白ラッカー仕上げのフレームを選び清楚なイメージ。

file:025

日本刺繍。マットに2つの丸窓加工。マット同士に空間を作り立体的に。

file:026

ポーセリン。鳳凰の図柄の金彩に合わせてゴールドを選定。

file:027

ポーセリン。スウェードマットを使用

file:028

アニメーターによるジクレー作品。マットの組み合わせにこだわった額装。

file:029

アニメーター作品。

file:030

アニメーター作品

file:031

写真額装(モノトーン)

file:032

アニメーター作品。

file:033

織田義郎作 銅版画

file:034

シャガールのリトグラフ

file:035

油絵の肖像画をスキャンし、デジタルで修正。絵の具の剥離をきれいになり、重厚なイメージのフレームで額装。

file:036

油絵。スッキリとした黒フレームでモダンに。

file:037

七宝焼。2枚の作品を裏側で貼り合わせ額装。

file:038

七宝焼

file:039

刺繍

file:040

刺繍

file:041

ペン画。図柄に合わせて、正海波の柄の着物地を裏打ちしたものにハガキ大のミニパネルを製作して貼り込み。

file:042

ボタニカルアート。ノウゼンカズラの橙色をフレーム端口にもあしらって。

file:043

日本画。アンティーク感のあるフレームを使いシックに。

file:044

アクリル画。ボードを浮かせて立体的にセット。

file:045

手描友禅。シルバーで少しモダンに。

file:046

七宝焼

file:047

プロのサイン入りCAPの額装。プレートホルダーで固定し、取り出すことも可能。

file:048

馬の蹄鉄、釘、写真を一つの額に。写真はシルバーマットを枠にし、浮き出し形式でセット。

file:049

版画の額装。ボリューム感のあるチーク色のフレーム。マットはWマットのお任せでしたので、いぶしゴールドとパールベージュで落ち着きと華やかさを。

file:050

刺繍。

file:051

刺繍。

file:052

刺繍。結婚祝にされた心のこもった作品。

file:053

刺繍をパネル仕立てに。桜の作品なのでピンクのぬのを貼ったガラス押えの桟をアクセントに額装。

file:054

染めによる家紋。ブラックシルバー系のマットと黒フレームでトーンをまとめて。

file:055

ペン画→油絵のフレームとスウェードマットを使用。

file:056

ペン画→華やかな印象の油縁で額装

file:057

ペン画→ドアの奥にまたドアがあるような奥行き感を出しました。

file:058

ペン画→風景の中で佇む優しいロバを生かすよう、ベージュ、ホワイト系で。

file:059

プロ野球選手サイン入りバット。グローブの革ひもでバットを台座に固定。

file:060

file:061

テーブルセンター。房の部分を丁寧にテグスで押さえました。

file:062

書。フレーム作家によるオリジナル額装

file:063

file:064

木彫作品。

file:065

布ぞうりの額装。糸止めなのではずすことも可能

file:066

ポーセリンの額装。皿用の止め具でしっかりホールド。

file:067

file:068

刺繍(おひなさま)マットのコーナーをデザイン的にカット。

file:069

海洋写真。スウェードマットとスタッキングフレーム(重ね使い)を採用し、重厚感を演出。

file:070

刺繍。水墨画のような趣の作品なのでフレームマット共に和のイメージで落ち着きある色を選定。

file:071

袱紗の裏面の家紋の染め抜きを裏打ちして額装。和室に合うよう木地色を選択。

file:072

子供の空手の帯を5本、一つの額に。コンパクトにするためロール状に巻いて、取り出すことも可能に。

file:073

フランスの郊外にあるルーブルランス美術館のショップのエコバッグ。ほどいて2面を継いだ形で裏打ち後、額装。窓から見える風景のように。

file:074

フリー刺繍の額装。マット部分には柄物の布地を使用。

file:075

オーガンジーに立体的な刺繡をほどこした作品。円のマットと作品の間に空間を確保することで立体的に。

file:076

オーガンジーにビーズやスパンコールも用いた刺繡。パール系のマットに作品を張り込み、マロンブラウンのマットで額装。

file:077

アンティークの半襟。橙のマットにテグスで糸止めし、全体を見せる形に。

これまでの表装例

file:H-01

屏風の仕立て。木版画の浮世絵4点を屏風に。裂地の色は、お客様のご希望であさぎ色を選定。

file:H-02

書家 秋葉廣瑶による書「樹」。裂地は無地のグレー系2色使い。筋で風帯を表現することで、モダンな印象。

file:H-03

直木賞作家、難波利三先生の書。アクリル仕様のパネル額でモダンに。

これまでのカルトナージュ例

file:C-01

ペルメル。写真やメモ、チケットなどを気軽にはさんでおけるフレーム(布製)キルト芯を入れてふっくらとさせます。お持ち込みの布、リボンでの制作でも可能。

file:C-02

file:C-03

file:C-04

ふたに刺繍作品をはめ込んだ布箱。

file:C-05

ふたに小さなレース飾りをあしらった裁縫箱。仕切りがなく、裁ち鋏が入る大き目の箱という、希望を形に…。